大学生の就職内定率、91.2%で最高更新 7年連続の上昇、売り手市場続く

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 文部科学、厚生労働両省は16日、今春卒業予定の大学生の就職内定率が2月1日現在で昨年同時期と比べて0.6ポイント増の91.2%となり、この時期のデータがある2000年以降で最高を更新したと発表した。7年連続の上昇。

 文科省の担当者は「企業の業績が堅調に推移し、採用意欲が増している影響ではないか」としている。学生に有利な売り手市場が続いており、今後の調査で、過去最高だった昨春卒業の大学生の就職率97.6%(昨年4月1日時点)を上回るかが注目される。

 全国の国公私立大から62校を選び、各大学で調査対象の学生を抽出し、就職希望者に占める内定者の割合を算出。男女別では、男性が1.1ポイント増の89.9%、女性は増減なしの92.8%だった。

 地域別では、中部が93.0%で最も高く、関東92.4%、近畿92.2%、北海道・東北90.2%、九州89.0%、中国・四国84.0%の順だった。中国・四国のみ内定率が下がり、昨年から2.0ポイント減となった。