働き過ぎは結局時間のムダになる 外資コンサルが作った“完全休養日” (5/6ページ)

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 調査によると、睡眠は、意思決定や倫理、健康状態のみならず、インターネットでどれぐらい時間を無駄遣いするかにも影響を及ぼす。また、若さと美容を保つのに良い睡眠が必要なことも証明されている。さらにある調査で、人びとが睡眠不足になる前と後の写真を被験者に見せたところ、睡眠不足の写真では、魅力度の観点からの評価が顕著に低下することがわかった。

 はいはい、たしかにあなたは大丈夫かもしれない。いや、それでもやはり大丈夫とは言い切れない。運転できると叫んでいる酔っぱらいと同じかもしれないから。本人は睡眠不足に気づいていないことが多々あり、そこが油断できないところだ。疲れを感じていないとしても、休息が充分取れていて、最適な状態で働けているとはかぎらない。

 6時間睡眠が2週続けば「酩酊状態」に

 失礼だが睡眠不足かどうかという自分の判断も、疑ってかかったほうがいい。『ニューヨーク・タイムズ』紙に掲載されたペンシルバニア大学の睡眠研究者、デービッド・ディンジスの研究によると、4時間睡眠が2週間続いた被験者は、疲れているが特に問題ないと回答していた。そこで一連の試験を実施すると、彼らの脳機能はゼリーに近かった。6時間睡眠が2週間続いた被験者の脳は、事実上酩酊状態だった。平均的アメリカ人は何時間眠っているのだろう? ギャロップ調査によると、6.8時間だという。

ショートスリーパーは人口のわずか1~3%