“快食・快眠・快便”でなければ注意を うつ病、発見のカベは「誤解と先入観」だ (1/8ページ)

写真=iStock.com/dominick
写真=iStock.com/dominick【拡大】

 脳の不調を図る最も感度のいい指標は、「睡眠」「食欲」「排便」です。つまり、うつ病の人は「不眠」「食欲低下」「便秘」が続く傾向があります。判断のメドとなる期間は2週間。国際医療福祉大学の原富英教授がうつ病を早期発見するコツを解説します--。

 なぜうつ病の発見は遅れるのか

 家族に引きずられるように、私のもとを初めて訪れた銀行員の男性は48歳でした。自殺念慮に巻き込まれた重症の「うつ病」と診断しましたが、治療には拒絶が強かったため、少量の抗うつ剤とともに休養をすすめ、「1週間後の再来時でも症状改善がなければ入院を」という合意を取るのが精一杯でした。

 家族にも自殺の危険を十分に説明し、その場合の対処法など説明して終了。その1週間後、男性の妻から「夫は亡くなりました。あっという間でした。ありがとうございました」と短い電話がありました。主治医としては「何かもっとしてあげられることがあったのではないか。もう少し早く受診してもらえれば……」と自問する日々が続きました。

 なぜうつ病の発見は遅れるのでしょうか。その要因は患者側の理由、医師側の理由、そして両者に共通する理由の3つにわけることができます。早期発見にはこれらを知ることが重要です。

両者に共通する理由