通勤電車内のスマホはどっち? 脳に効く「最高の習慣vs最悪の習慣」 (4/8ページ)

 Q.利き手と逆の手を使う

 ○:左脳を使っている右利きの人が、左手を使うと右脳を刺激することになる。おすすめは歯磨き。手と口をつかさどる脳の部位を同時に使うため、非常に効果的な運動となる。

 Q.ガムを噛む

 ○:ガムを噛むと、脳の口をつかさどる部位を使う。話をする場合も同様の部位を使うが、ガムを噛む場合は、噛む力が脳に大きなエネルギーを使わせるため、より能力アップにつながりやすい。

 Q.ギャンブルをする

 ○:そもそも賭け事をしたくなるのは、脳がイキイキしておらず刺激を欲しているため。時々リフレッシュするためにはいいかもしれないが、依存性が高いため、注意が必要。

 ※取材を基に編集部作成。

「なりたい脳」へ自分流にデザイン