できない男ほど“男尊女卑” なぜアノ人は「俺、寝てない」と自慢するのか (1/4ページ)

 雑誌『プレジデント ウーマン』(2017年12月号)ではメルマガ読者を対象に、「男社会のヘンな習慣」について調査した。「男性にとってはヘンな習慣ではなく、当たり前なんです」と解説するのは男性学の権威、大正大学准教授の田中俊之氏。当たり前化してしまうメカニズムとは--。

※画像はイメージです(Getty Images)

※画像はイメージです(Getty Images)

 「仕事、仕事でほとんど寝てないよ」

 こちらから尋ねてもいないのに、「最近むちゃくちゃ忙しくて残業ばっかり」とか「仕事、仕事でほとんど寝てないよ」とか、自分から忙しさをアピールする男性がいますね。しかし冷静に考えると、これは自分の能力不足や生産性の低さを述べていることになります。それなのにちょっと自慢げな表情……だから、聞くほうは違和感を抱くわけです。

 自慢の理由は、「達成」と「逸脱」という2つのキーワードで説明することができます。

 男性はこの社会に生まれ落ちた瞬間から「競争」に勝つことが期待されます。小学生の男子に将来の夢を尋ねるアンケート調査では、1位はたいてい「スポーツ選手」です。これは昭和の時代から変わりません。その次にパイロットや医師といった「社会的地位が高い職業」がランクインします。低学年では仮面ライダーなどのキャラクターも人気ですが、「敵を倒す」という点でやはり競争心がうかがえます。

その状況は大人になるまで変化しません