仕事・キャリア

できない男ほど“男尊女卑” なぜアノ人は「俺、寝てない」と自慢するのか (4/4ページ)

 ところが、問題は残ります。女性との競争に負けた男性はどのような態度に出るか。プライドが傷つき、かえって男尊女卑を強める恐れがあるのです。彼らの意識は「自分より劣っているはずの女に負けるのは悔しい」ですから、既得権益を奪われて、これまで以上に女性の足を引っ張る可能性があります。一部の男性たちは、そのようなプライドと見栄から抜け出すことができません。女性との競争に負けそうな男性たちは、相当にビビりはじめています。

 男社会のナゼ?を解説しました。ふに落ちないことや違和感があるかもしれませんが、まずは落ち着いて、大局的に物事を捉えましょう。

 少子化が進む日本において、「女性活躍」という社会や企業の要請がある。それはそれとして理解したうえで、同時に自分の幸せを追求していくことが重要です。誰かに扇動され、踊らされて働くのではなく、そこに自分の価値軸をしっかり入れていくこと。そして男社会というすぐには変えがたい現実を前に、男性にもっと女性のことを学んでもらう一方で、女性も男性の習慣や習性を理解してもらいたいと思います。

 ▼男性学からアドバイス

 ・冷静になって大局的な判断を

 ・社会的、歴史的背景を知ろう

 ・おじさんの大変さも知ろう

 教えてくれた人 田中俊之さん

 大正大学 准教授。1975年生まれ。社会学・男性学・キャリア教育論が主な研究分野。男性学の視点から男性の生き方の見直しをすすめ、多様な生き方を可能にする社会を提言する論客としてメディアでも活躍中。著書に、『〈40男〉はなぜ嫌われるか』(イースト新書)、『男がつらいよ 絶望の時代の希望の男性学』(KADOKAWA)など。

 (大正大学 准教授 田中 俊之 構成=Top Communication 撮影=市来朋久)(PRESIDENT Online)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus