富士眺望とB級グルメ人気生かす JR身延線、全線開通90年迎える (1/2ページ)

富士山を背景に走る身延線=2009年2月、静岡県富士宮市(JR東海提供)
富士山を背景に走る身延線=2009年2月、静岡県富士宮市(JR東海提供)【拡大】

  • JR身延線の全線開通90年を祝う臨時特急の出発式=3月30日午前、静岡県富士市の富士駅

 富士駅(静岡県富士市)と甲府駅(山梨県甲府市)の約88キロを結び、富士川沿いの山間部を走るJR身延線が3月30日で全線開通90年を迎えた。地方のローカル線を取り巻く環境が厳しい中、富士山の眺望と沿線のB級グルメで観光客に人気だ。

 山梨県身延町誌などによると、身延線は日蓮宗の総本山・身延山久遠寺(同町)に参拝しやすいよう、寺側が財界に鉄道敷設を求めたのが始まりとされる。当初は前身の富士身延鉄道が、富士駅から久遠寺の最寄りの身延駅まで営業し、昭和3年3月に甲府駅までの全線が開通。16年に国が買収し、国鉄分割・民営化後はJR東海の路線になった。

 富士宮駅(静岡県富士宮市)は富士山の富士宮口登山道の玄関口で、夏は登山者の利用も多い。登山客以外にも、車窓からの富士山の雄大な眺めは人気で、3月下旬、甲府市で墓参りするために乗車した大阪府の60代の姉妹は「富士山が窓いっぱいに見えて迫力があった」と興奮気味だった。

「今でも東北や九州からお客さん」B級グルメの力