映画「ドラえもん のび太の宝島」の観客動員数、シリーズ史上1位を記録

映画シリーズで最高観客動員数を記録した「ドラえもんのび太の宝島」(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2018
映画シリーズで最高観客動員数を記録した「ドラえもんのび太の宝島」(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2018【拡大】

 東宝は8日、3月3日から全国公開中のアニメーション映画「ドラえもん のび太の宝島」(今井一暁監督)の観客動員数が428万1945人に達し、シリーズ史上1位を記録したと発表した。これまでのシリーズ最高動員記録は、平成元年3月11日に公開された「のび太の日本誕生」(芝山努監督)の約420万人だった。

 同作品はシリーズ第38作目。太平洋上に突如現れた島を舞台に、のび太(声・大原めぐみ)たちがドラえもん(同・水田わさび)のひみつ道具を頼りに宝探しをする物語。宝島への旅の途中で何者かに誘拐されたしずかちゃん(同・かかずゆみ)を連れ戻そうと、のび太たちの奮闘が描かれている。

 ゲスト声優に大泉洋、長澤まさみ、高橋茂雄(サバンナ)が参加。主題歌と挿入歌を星野源が書き下ろしている。 (文化部 高橋天地)