コピー機、パソコン、自動車…経費削減“買うより借りたほうがいいもの”はどれだ (5/5ページ)

 「自動車」はリースの恩恵が大きい

 その点で、リースの恩恵が大きいのは自動車だ。

 「自動車を購入すると、いろいろな税金がかかり、固定資産として管理しなければいけないし、タイヤやエンジンオイルの交換など、メンテナンスにも手間がかかる。これは企業の大小を問わず、かなり面倒です」(柴山氏)

 社用車の安全運転講習まで受けられる新たなサービスも登場している。

 「営業車を多数抱える企業では、事故ゼロは今や経営課題でありますが、容易ではありません。営業車にトラックレコードを取得する機器を設置し、運転の傾向を分析することで、大きな効果が見込めます」(杉本氏)

 自社の状況に合わせて、活用していこう。

 買うほうがいいもの

 ・少額の事務用品

 ・安価なパソコン

 ・少額のオフィス家具

 ・コア技術を支える特殊な製造機械

 借りたほうがいいもの

 ・自動車

 ・高性能で高額なパソコン

 ・高性能な事務機器

 ・技術革新の影響を受ける製造機械

 ※取材を基に編集部作成

 柴山政行

 公認会計士・税理士

 大手監査法人を経て1998年に現在の柴山政行公認会計士税理士事務所を開設。2012年、柴山会計ラーニング設立。キッズBOKI主宰。

 杉本裕志

 三井住友ファイナンス&リース 理事・業務推進部長

 1988年に関西学院大学卒業後、三井住友ファイナンス&リースに入社。北海道・都内営業部門などを経て2015年より業務推進部長。

 (ジャーナリスト 唐仁原 俊博 文=唐仁原俊博 写真=iStock.com)(PRESIDENT Online)