【著者は語る】新井紀子氏「AI vs.教科書が読めない子どもたち」


【拡大】

 □国立情報学研究所教授、同社会共有知研究センター長・新井紀子氏

 ■中学生の読解力向上が日本の喫緊の課題

 2011年に開始し、100人以上の研究者が参加した人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」。真の目的は、東大合格ではないと言ったら驚かれるだろうか。この「東ロボくん」プロジェクトが目指していたのは、AIにできること、できないことを解明し、AIと共存する近未来に備えることだった。

 巷間(こうかん)には「AIが神になる」「AIが人類を滅ぼす」「シンギュラリティ(編集者注・AIが人間を超えて生活が一変すること)が到来する」といったAIに対する過度な期待や楽観論があふれている。本書では、AIの進化の歴史や最新技術を解説しながら、AIの限界、つまりAIが「計算機」に過ぎず、「意味を理解する」ことはできないことを示した。

 一方で「東ロボくん」は、東大合格はかなわなかったものの、研究者たちの尽力によりMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)や関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)の合格レベルまで成長した。私たちの日常生活に浸透しつつあるAIは、現在ホワイトカラーが担っている仕事の多くで、強力なライバルになる可能性は大きい。はたして人間は「AIにできない仕事」ができるのか。

 AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。しかし、「東ロボくん」の実験と同時に行われた全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐るべき実態が判明した。日本の中高生の多くが、教科書レベルの文章を理解できていなかったのである。

 英単語や世界史の年表、数学の計算など表層的な知識に頼っていては、150億の英文を暗記できるAIには到底勝てない。教科書が読めるかどうかで子供たちの間に格差が生じている現状では、プログラミング教育やアクティブラーニングは絵に描いた餅で終わってしまう。

 今目指しているのは、基礎的読解力を調査するために開発したリーディングスキルテストを中学1年生全員に無償で提供し、読解の偏りや不足を科学的に診断すること。そして中学卒業までに全員が教科書を読めるようにして卒業させること。AIとともに働くことが不可避な未来を生きる現代の子供たち。彼らの読解力向上が日本の教育における喫緊の課題である。(1620円 東洋経済新報社)

                  ◇

【プロフィル】新井紀子

 あらい・のりこ 国立情報学研究所教授、同社会共有知研究センター長。東京都出身。一橋大学法学部およびイリノイ大学数学科卒業、イリノイ大学5年一貫制大学院数学研究科単位取得退学(ABD)。東京工業大学より博士(理学)を取得。専門は数理論理学。2011年より人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクタを務める。16年から「リーディングスキルテスト」の研究開発を主導。『コンピュータが仕事を奪う』など著書多数。