保育死亡7割が睡眠中 過去3年 内閣府調査 0~1歳児が多数

 内閣府は28日、平成27~29年の3年間に全国の保育施設で計35件の死亡事故が起き、うつぶせ寝など睡眠中が7割超を占めていたとの分析結果を公表した。0~1歳児が8割弱と多く、施設に通い始めて30日以内の発生も目立つことが分かった。事故を検証して再発防止につなげるため、内閣府の有識者会議が初めてまとめた。

 同時に公表した29年の事故総数は1242件で、事故の報告義務付けの浸透により、28年の875件から4割超増えた。女性の社会進出に伴い、政府が保育の受け皿を拡大する中で、安全性の確保を求める声は年々高まっており、有識者会議はさらに事故の分析を進め7月ごろに防止対策などの報告書をまとめる。

 27~29年の死亡事故計35件のうち、25件が睡眠中。うち11件はうつぶせ寝だった。年齢別は、0歳児が16件、1歳児11件で計27件。次いで6歳児3件、2歳児と4歳児2件ずつ、3歳児1件だった。発生場所は、保育士数などの基準を満たさない認可外保育施設が21件で最多、次いで認可保育所で9件起きていた。