文芸春秋、社長人事大もめ 現社長は退任へ

全国図書館大会で文庫の低迷状況を説明する文芸春秋の松井清人社長=13日、東京都渋谷区
全国図書館大会で文庫の低迷状況を説明する文芸春秋の松井清人社長=13日、東京都渋谷区【拡大】

 文芸春秋は30日、役員会を開き、中部(なかべ)嘉人常務(58)を社長に、古田維常務(63)を専務にそれぞれ昇格させる人事を内定した。松井清人社長(67)は退任する。6月21日の株主総会と取締役会に諮る。今回の役員人事をめぐっては、松井社長が会長に就く当初案に内部で反発の声が上がっていた。

 同社役員によると、松井社長は4月、社長を退き会長に就く当初案を示したが、人事などで影響力が残り続けるとして一部の役員が強く反発。松井社長は今月に入ってから、会長就任は断念する意向を周囲に伝えたものの、中部氏を社長に据える次期役員の人事案を提示した。

 だが、同社社長は月刊「文芸春秋」編集長などを歴任した編集出身者が就任するのが通例で、経理部出身で編集経験がない中部氏が就くと松井社長の影響力が残るという不満があったとみられる。当初案に反発した同社関係者からは「人事が一方的で、現場に細かく口出しする」との声も聞かれた。

 一連の動きを受けて、同社の部長ら管理職の一部が今月24日、連名で全役員宛てに要望書を提出し、松井社長の案を再検討するよう要請。社員の人事については、新しい社長らの下で適切に行うよう求めている。

 OBで月刊「Hanada」編集長の花田紀凱さんは「看板の『文芸春秋』が低迷して経営状態も大危機の中、残念だ。こんなこととは本来縁遠い会社だったのに…」と話した。