【書評】『人が集まる職場 人が逃げる職場』渡部卓・著


【拡大】

 ■「職場」づくりのヒントが満載

 「社員が次々に辞めていく」「職場の雰囲気が悪い」-。こうした声をよく聞く。

 なぜ人が逃げる職場になったのか。この問いに、産業カウンセラー・コンサルタントの著者は「この職場では成長できないと感じたら人は逃げていく」と説く。言い換えると、「各自の成長感覚をサポートできる職場なら人は逃げるどころか集まってくる」。

 そのためには、上司は部下の話に傾聴し、共感することが重要と指摘。職場の人たちと成長感覚を共有できるのは、上司の特権という。「人が集まる職場」づくりのヒントが満載され、管理職だけでなく次世代リーダーにもぜひ読んでもらいたい。(クロスメディア・パブリッシング、1490円)