「小腹」に負ける人は人生に負ける レジ横でバレる「貯められない人」の本性 (1/5ページ)

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 世帯主が30~40代の場合、3割以上は「貯金がまったくない」という。子供の教育費や住宅ローンなど支出が多く、そのまま貯金ゼロを続ければ、老後破綻は避けられない。ファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんは「貯金ゼロの人には、共通した浪費習慣がある」という。いったいどこに問題があるのか--。

 「レジ横」「小腹」の誘惑に負ける人は人生に負ける

 「ぜいたくなんか全然していないのに、貯蓄できないんです。どうやったらお金を貯められますか?」

 家計相談でよくある質問です。貯蓄できない理由がわからない方は、自分の消費衝動をコントロールできていない可能性があります。ふらふらっと用事もないのにお店に入ったり、テレビの通販番組やネットのECサイトでついつい買ってしまう。それも無意識に。そんな浪費習慣が隠れていることが多いのです。

 ▼「貯金ゼロ」30~40代の3割以上という真実

 30~40代の3割以上が「貯金ゼロ」という驚くべきデータがあります。

 金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(2016年)によると、「金融資産(預金や株、投資信託、保険年金など)がある」と答えた2人以上の世帯は、世帯主が30代の場合は69%(貯金額の平均は395万円)で、同40代の場合は65%(貯金額の平均は588万円)でした。

 今回問題にしたいのは、30代の31%、40代の35%の世帯で「貯金がまったくない」と答えていることです。

 言うまでもありませんが「貯金ゼロ」では、万が一、病気やけがをして働けなくなったら大変です。いくら子供の教育費や住宅ローンがある世代だからといっても、今後さらに寿命が延びると言われる中、老後の生活費のことを考えると、現役時代にお金が貯められない生活習慣は改めるべきでしょう。

財布のひもが「ユルユルの人」の共通点