【IT風土記】三重発 アコヤ貝の“声”を読み解き海の異変を察知「貝リンガル」 (1/4ページ)

 「人魚の涙」「月の雫(しずく)」とも称される真珠。古から多くの女性たちを魅了した宝石だ。三重県の英虞(あご)湾は真珠養殖発祥の地として知られる。英虞湾では、真珠をつくるアコヤ貝の反応から海の異変を読み解く「貝リンガル」という装置が実用化され、真珠養殖に影響を及ぼす赤潮などの監視に役立てられている。

アコヤ貝から生まれた真珠(ミキモト提供)

アコヤ貝から生まれた真珠(ミキモト提供)

 世界初の海洋水質観測技術

 「貝リンガル」を開発したのは英虞湾で真珠の研究を行っているミキモト真珠研究所だ。宝飾品大手ミキモトは、創業者、御木本幸吉が1893(明治26)年、真珠の養殖に世界で初めて成功したこの地に研究所を設け、真珠養殖の技術や真珠の品質、鑑別、海洋環境の保全などの研究を行ってきた。「貝リンガル」は、アコヤ貝の生体反応をもとに水質変化を観測する世界初の水質環境監視システムで、突発的に発生し、養殖に被害をもたらす赤潮や海水の貧酸素化、硫化水素の発生などを観測することができる。

ミキモト真珠研究所がある同社の多徳養殖場。高台には御木本幸吉が晩年を過ごした住まいが今も残っている

ミキモト真珠研究所がある同社の多徳養殖場。高台には御木本幸吉が晩年を過ごした住まいが今も残っている

 「アコヤ貝の貝殻にセンサーを取り付け、貝の開閉の動きを計測します。赤潮が発生したり、海中の酸素が欠乏したりすると、アコヤ貝の開閉の動きが大きく変化します。その動きをとらえ、海の異変を早期に察知するのです」。真珠研究所の岩橋徳典(やすのり)副所長は「貝リンガル」の仕組みをこう説明する。

ミキモト真珠研究所の岩橋徳典副所長

ミキモト真珠研究所の岩橋徳典副所長

「貝リンガル」の情報を24時間態勢で監視