【書評】『明日への一歩』津村節子・著 文学同士振り返るエッセー集


【拡大】

 2006年に逝った夫、吉村昭と半世紀以上にわたった作家同士の夫婦の歩み、文学の師、友との日々を振り返る41編のエッセー集。吉村の手紙から結婚当初を振り返るくだりでは、生活に困り、旅先で「死んでしまおうか」と漏らしたことなど、苦難の中から作品を紡いできた思いをしのばせる。

 夫亡き後も、外出先や家で〈よく一人で喋(しゃべ)っている〉かと思えば、愛しい故郷・福井のふがいなさに〈私は怒っているのである〉と愛ある叱咤(しった)の意気軒高ぶり。

 〈生きている限りペンをはなすことはないだろう〉-。あとがきに記す著者の決意は頼もしい。(河出書房新社、1728円)