西日本豪雨 被害甚大3県で断水25万戸、復旧見通せず影響長期化 (1/2ページ)

岡山県倉敷市の真備町地区では水が引き、不明者の捜索が進んだ=10日午前(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)
岡山県倉敷市の真備町地区では水が引き、不明者の捜索が進んだ=10日午前(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)【拡大】

 西日本豪雨で甚大な被害が出た広島、愛媛、岡山の3県の断水が25万戸余りで続き、いずれも復旧の見通しが立っていないことが11日、各自治体や厚生労働省への取材で分かった。岡山、愛媛の両県は水道施設の被害状況を十分把握できていない。他9府県の約2千戸でも断水しており、市民生活への影響が長期化するのは確実だ。

 共同通信の各府県まとめで死者は12府県で計157人。依然56人が安否不明となっている。

 厚労省によると、断水は10日正午時点で広島県が20万9727戸、愛媛県は2万2878戸、岡山県が2万17戸。

 広島県は各地で土砂崩れが相次ぎ、水道管が破損したり、配水池が停電したりして14市町で断水。10人以上が死亡した呉市では、広島市から延びる送水トンネルの管理施設が土砂で大破した。呉市の大部分の約9万3千戸に影響が出ており、学校などの公共施設で市民に給水している。

 愛媛県は9市町で水道施設に被害が生じ、このうち宇和島市や西予市では病院施設も断水している。県内の各市町職員は給水優先で対応し、被害の実態調査が追いついていないという。

続きを読む