【動画】大阪の夏の風物詩天神祭「どんどこ船」 にぎやかに道頓堀を巡航

天神祭宵宮、にぎやかに道頓堀を巡航する「どんどこ船」=24日午後7時31分、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)
天神祭宵宮、にぎやかに道頓堀を巡航する「どんどこ船」=24日午後7時31分、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)【拡大】

 大阪の夏の風物詩「天神祭」は宵宮の24日夜、「どんどこ船」が大阪市中央区の道頓堀川に繰り出し、にぎやかに祭りを盛り上げた。

 どんどこ船は本宮の25日に行われるメインイベント「船渡御」の開催を知らせる行事。法被姿の氏子らが船に乗り込み、鉦(かね)や太鼓を鳴らして巡航した。

 氏子らは「チョーイサー」という大きな掛け声を張り上げ、手こぎで船を操縦。川沿いに集まった大勢の見物客らは記念写真を撮るなどして楽しんだ。