バカンスの季節こそ要注意?! 「プライベートな話」で大失敗しないために (1/4ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 気持ちがうまく伝わらない。悪気はないのに相手を不快にしてしまった。皆さんも、そんな経験はありませんか? この連載ではコミュニケーション研究家でアップウェブ代表取締役の藤田尚弓が、ビジネスシーンでの「最強の話し方」をご紹介していきます。

 第12回は、「プライベートな話」がテーマ。この季節は夏休みに関する質問なども増え、プライベートについて話すことが多くなる時期です。

 皆さんは仕事関係の人とプライベートな話をどのようにしているでしょうか。プライベートな話をするときの「最強の話し方」を考えてみましょう。

◆プライベートな話をすると好感を持たれる?

 仕事関係の相手がプライベート話題をふってきたとき、皆さんはどんな気持ちになるでしょうか。自分もプライベートを話そうと思う人は多いでしょうし、相手と親しくなれたように感じる人も多いのではないでしょうか。

 パーソナルな会話は人間関係の促進に効果的です。その一方で、やたらと自分の話をする人に違和感を抱く、ストレートな質問に面食らうなど、ネガティブに作用してしまうケースもあります。

 自分の話をするというのは本来、親しくなるために有効ですが、なんでもOKというわけではありません。プライベートな会話を上手にできる人と空回りしてしまう人ではどんな点が違うのでしょうか。

◆3つのポイントに注意して

 成否を握るポイントは、「タイミング」「量」「内容」です。それぞれについて詳しくみていきましょう。

何度か雑談を交わすようになってから