受付嬢は「ダイヤの原石」!? 知られざる実態と気になる“進路”を教えちゃいます (4/4ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 場所や部署は違えども、受付にいながら会社の「顔」として広報的な役割も担っていますし、みなさんが円滑に商談できるように、また有意義な会議が行えるようにサポートするのが受付嬢の役目です。そう考えると、受付嬢なりに広報やアシスタント的な役割を担ってもいるのです。

◆結婚後は家庭の「顔」になる

 二つ目は、結婚し本当の引退を迎えるというケースです。

 今までは会社の顔としてカウンターに座り会社を守ってきましたが、今度は愛する人の家の顔となり、家を守るという役割を担う任務につくイメージですね。

 そして旦那さまの仕事をまさに「内助の功」としてサポートしていくんです。

 実際に私が受付嬢だった時、社内恋愛で結婚し、退職した方も多かったですし、社内恋愛じゃなくても寿退社した同僚をお祝いしてあげたこともありました。

 この記事を読んで、少しでも受付嬢への興味を持っていただき、関わり方を楽しんでいただければ幸いです。受付嬢はたくさんの可能性を秘めた人たちの集まりだと私は思っています。あなたの目の前にいる受付嬢は「ダイヤの原石」かもしれませんよ。

【プロフィル】橋本真里子(はしもと・まりこ)

橋本真里子(はしもと・まりこ)ディライテッド株式会社 代表取締役CEO
1981年11月生まれ。三重県鈴鹿市出身。武蔵野女子大学(現・武蔵野大学)英語英米文学科卒業。2005年より、トランスコスモスにて受付のキャリアをスタート。その後USEN、ミクシィやGMOインターネットなど、上場企業5社の受付に従事。受付嬢として11年、のべ120万人以上の接客を担当。11年という企業受付の現場の経験を生かし、もっと幅広い受付の効率化を目指し、16年1月にディライテッドを設立。17年1月に、クラウド型受付システム「RECEPTIONIST」をリリース。

【元受付嬢CEOの視線】は受付嬢から起業家に転身した橋本真里子さんが“受付と企業の裏側”を紹介する連載コラムです。更新は原則第二木曜日。

▼元受付嬢CEOの視線のアーカイブはこちら