仕事・キャリア

速さが「不可能」を「可能」にする “アマゾン流・超高速”で仕事が片付く方法 (4/5ページ)

 検証し、不具合があれば修正する。そして次の検証を行い、不具合があれば修正する。このように小さなPDCAを高速で回し続けることで、プロジェクトは完成形に近づくのです。

 代引き払い機能の導入に関しては、アイデアの着想からサイト上での運用開始までに要した時間は、5カ月ほどです。検討・決定しなければならなかった要素の数を振り返ると、われながら驚くほどのスピード感です。そしてなにより重要なのは、関わってくれた仲間全員が、このスピード感で仕事を進めてくれたことです。

 これほどのスピードで進めることに対して、なぜ全員が恐れや抵抗感なく行えるのでしょうか。それは、アマゾンが掲げる「リーダーシップ理念」に秘密があります。アマゾンには14カ条からなるリーダーシップ理念「OLP(Our Leadership Principles)」があります。OLPは部下を持つリーダーだけでなく、全社員が対象です。

 OLPの第9条に「Bias for Action(とにかく行動する)」という一文があります。「行動する? 行動しない?」で迷うのではなく、「行動あるのみ!」と言っているわけです。そして補足の解説文できちんと「やり直すこともできる」と述べています。そして、「計算されたリスクをとることも大切」と背中を押しているのです。このような行動理念があるからこそ、アマゾンの社員たちは安心して行動を開始し、かつ行動し続けられるのです。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus