成人男性の風疹検査無料に 厚労相、対策の強化表明

 根本匠厚生労働相は26日の衆院予算委員会で「全国的な対策について有識者の意見を伺いながら早急に取りまとめたい」と述べ、患者数が2千人を超えて流行が続く風疹への対策を強化する考えを表明した。

 風疹患者の3分の2は、過去に予防接種を受けられなかった30~50代男性が占める。厚労省は、感染リスクの高いこの世代の男性について、免疫の有無を調べる抗体検査を実質無料化する方向で検討を開始。本年度の2次補正予算に関連経費を計上する。

 患者の多い5都県では10月から、妊娠を希望する女性と家族が抗体検査や予防接種を優先的に受けられるようになっていた。

 根本厚労相はさらに、30~50代男性を対象とした予防接種を法律に基づく公的接種とすることで一部無料化したり、副作用の救済制度の対象にしたりすることも検討していると表明。検査や接種のための休暇取得などについて企業側に協力を求めるとした。