がん検診促すポスター募集 日本対がん協会

 日本対がん協会は、毎年9月のがん征圧月間をアピールするポスターのデザイン募集を始めた。

 がんは早期発見で適切な治療を受ければ治るケースも多くなっている。「がん検診に行こう」をテーマに、がんの早期発見の大切さを伝え、検診の受診を呼び掛ける内容でポスターのデザインを募集する。未発表のオリジナル作品に限り、特定のがんだけに言及しないよう求めている。

 最優秀1点、優秀3点を選ぶ。最優秀作品をポスターにして5万部を制作、全国の自治体、保健所、病院などで活用し、副賞として賞金10万円を贈呈する。優秀3点には副賞1万円。

 応募資格は高校、大学、大学院、短大、専門学校の学生、生徒で、グループでの応募も可能。応募要項の詳細は特設ウェブサイト(https://jcsposter.com/)で確認する。同サイトからエントリーし、3月25日までに作品を提出する。