カギは「バカロレア」 全国初の公設民営一貫校が狙う人材育成 (1/4ページ)

パソコンなどを使いながら個々に学ぶ生徒。教諭からアドバイスを受けることもある=大阪市
パソコンなどを使いながら個々に学ぶ生徒。教諭からアドバイスを受けることもある=大阪市【拡大】

 受験シーズンで注目を集めているのが、全国初の公設民営の中高一貫校として、4月の開校を目前に控える「水都国際中学校・高校」(大阪市住之江区)だ。学校法人大阪YMCA(同市西区)が運営し、外国語教育に重点を置き、国際的な大学入学資格を得られる教育プログラム「国際バカロレア(IB)」を授業に導入予定だ。世界で活躍するグローバル人材の育成を目指す取り組みは国も支援を進めている。(地主明世)

 6倍超える倍率

 2月2日、水都国際中1期生の合格発表が行われた。定員80人に対して507人が応募、倍率は6.34倍に上った。発表時の会場での混雑が予想されたことから、同校ではホームページ上でも合格者を発表。午前10時に同校で行われた合格発表では、受験者たちが運動場に集まり、自分の番号を見つけると、歓声を上げていた。

 大阪市の吉村洋文市長は「物事を考える力を重視する学校。個性ある教育を受けたい子が学び、世界で活躍してくれたら」と期待を込め、「大阪はこれから国際化していく。引っ張っていけるようにがんばってほしい」とエールを送った。

 同校で導入予定なのがIBだ。一体どんなプログラムなのだろうか。

 自ら考える力を養う

 「(米国の)ウォール街のデモが社会にどんな影響を与えたかを調べています」

 1月24日、大阪市北区の「大阪YMCAインターナショナルスクール」の教室で行われた授業で、中学2年の女子生徒は笑顔でこう話した。周囲の生徒も本やパソコンに向き合ったり熱心にノートをとったりと、思い思いのスタイルで授業に参加していた。

教諭はあくまでサポート役