Shopping

強い日差しでも驚くほど視界がクリアに見えるサングラス

 若いころには気にならなかった陽射しがまぶしくて辛い、でもサングラスは目が疲れるので使いたくないという方も多いのではないでしょうか。冒険家の三浦雄一郎氏が愛用し、産経ネットショップでロングセラーの「タレックス偏光レンズ」はサングラスなのによく見えて疲れないと好評です。他のサングラスとは違うその仕組みを改めて紹介します。<産経ネットショップ>
雑光カットフィルター

 一般的なサングラスは、色のついたレンズで光そのものを抑えます。これに対し、タレックスの偏光サングラスは独自開発の「雑光カットフィルター」を2枚のレンズに挟み込んでいます。このフィルターは、紫外線のほか、直接目に触れることでストレスを感じさせる太陽や照明の照り返しなど、目に有害な光だけを取り除いてくれます。これがサングラスなのによく見える理由です。メーカーの株式会社タレックスの運営マネージャー大江美千代さんは「光の空気清浄機のようなもの」といいます。

対向車の運転手の表情までくっきり

 タレックスの偏光サングラスを一度かけてみると、その効果はすぐに実感できます。車に乗ると、対向車のフロントガラスの反射が消されるため、運転している人の表情まではっきりと確認できるほど。街では、アスファルトの照り返しなどの雑光をカットし、屋内から明るいところに出た時の目の奥が痛くなるような感覚もなくなります。

 品質の高さも人気の秘密です。タレックスは、「眼鏡レンズ発祥の地」とされる大阪市生野区田島で1938年に創業して以来、80余年、偏光レンズ専門メーカーとして開発・改良を重ねてきました。

 自社工場での一貫生産にこだわり、全行程の60%以上を、職人がひとつひとつハンドメイドで作っています。厚さわずか0.03ミリの雑光カットフィルターを隙間なく2枚のレンズに挟み込む技術力で他の追随を許さない繊細でクリアな見え方を実現。品質管理は6000項目以上に及びます。

メガネの上からかけられる

 普段から眼鏡をかけている人が、その上から装着できる「オーバーグラス」が人気です。度入りのサングラスのように視力の変化に合わせて買い直さずに、長く愛用できるのが特徴です。顔を覆うような形状のフレームは、隙間からの光の侵入を抑え、花粉やほこりから目を守ります。軽量で、眼鏡の上からでもそのままでも掛けられます。

 オーバーグラス(1万9,440円)はレンズの性能が違う4タイプとノーマルグラス(2万1,600円)の1タイプをラインアップ。価格はいずれも税込み。

産経netShop

普段見ている景色を驚くほどクリアにするトゥルービュー 普段見ている景色を驚くほどクリアにするトゥルービュー コントラスト性能が上がり動きを追いかけやすいトゥルービュースポーツ コントラスト性能が上がり動きを追いかけやすいトゥルービュースポーツ トゥルービュースポーツのノーマルグラスタイプ トゥルービュースポーツのノーマルグラスタイプ 曇天・雨天の薄暗い中でも反射を抑え明るく見えるイーズグリーン 曇天・雨天の薄暗い中でも反射を抑え明るく見えるイーズグリーン 雪道の反射・照り返しをカットするアクションコパー 雪道の反射・照り返しをカットするアクションコパー

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus