趣味・レジャー

「日本の城」ランキングは名古屋城、松江城が躍進! 入場者数V字回復の城も (1/3ページ)

SankeiBiz編集部

 日本人のみならず訪日外国人にも人気の観光スポットである城。ライトアップはもちろん、各自治体はプロジェクションマッピングなど最新技術を使った演出にも力を入れている。そんな日本の城の中で、もっとも検索されている城はどこか。阪急交通社がこのほど、最近1年間で検索された城の名前ランキングを発表した。同ランキングは同社サイト内の2018年4月1日~2019年3月31日のデータを基に調査したもの。

名古屋城が大幅にランクアップ

 1位は姫路城、2位は竹田城(跡)、3位は松本城という結果に。これは前回の2017年の調査結果と変わらず、不動の人気ぶりを示している。一方で、前回11位以下だった松江城が7位、犬山城が10位とともにベスト10入りを果たした。

 名古屋城は前回の10位から6つランクアップし4位に入った。名古屋城の2018年度の入場者数は前年を上回る220万人超で、これは過去3番目に多い数字という。検索数だけでなく実際の入場者数も増えていることになる。

 では、今回ベスト10入りした城の歴史や特徴、そして見所を振り返ってみよう。

1位 姫路城<兵庫県>

 日本初の世界文化遺産であり、国宝や重要文化財にも指定されている姫路城(ひめじじょう)が、前回調査に続き1位。シラサギが羽を広げたような優美な姿から、「白鷺城(しらさぎじょう)」という愛称でも呼ばれている。城のある風景を楽しむだけでなく、地下階、地上6階ある大天守の中に入って展示物から城の歴史を学んだり、最上階からも眺めを楽しむことができる。

 日没後から午前0時まで毎日ライトアップされており、夜間に訪れるのもおすすめ。千姫が休息所としていた「化粧櫓」や、怪談『播州皿屋敷』でお菊が投げ込まれたとされる「お菊井戸」など、天守閣以外にも気になるスポットも多数。

2位 竹田城<兵庫県>

 竹田城跡(たけだじょうあと)は、兵庫県朝来市(あさごし)の古城山(こじょうざん)山頂、標高約353.7メートルにある。約400年前に廃城し、石垣のみが現存している。城の周辺に濃い霧が発生することがあり、雲海に浮かんでいるように見えるため「天空の城」と呼ばれ、近年人気が沸騰。

 竹田駅付近にある「情報館 天空の城」前の広場では、ソフトクリームの周りを大きなわたあめで囲んだ「もふもふソフト」が土日祝限定で販売されている。雲海に見立てたふわふわのわたあめがフォトジェニックだと観光客に人気のよう。

3位 松本城<長野県>

 長野県松本市にある松本城(まつもとじょう)。現存する12天守で最古である可能性が出てきたと最近話題になった(これまで五層天守閣としては最古としていた)。松本城の魅力は、白漆喰と黒漆塗の下見板で覆われた外観の美しさにあると言われており、背景に広がる北アルプスも含めて一見の価値あり。

 松本城に関する様々なクイズが出題される「国宝松本城クイズ」、江戸時代の姿を再現するVR(仮想現実)が楽しめる「ストリートミュージアム」など、スマートフォン向けアプリも提供されている。また、城内には兜や忍者の衣装を身に付けた「おもてなし隊」がおり、一緒に記念撮影もできる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus