教育・子育て

夏休みは子供に何をさせる? 習い事、自由研究…今どき家族の選択と不安 (1/3ページ)

SankeiBiz編集部

 もうすぐ子供たちの夏休み。子育て世帯は学校から離れたわが子の勉強や過ごし方が気になるころだろう。今後の実社会でニーズの高そうな習い事にチャレンジさせる親が急増する一方、長期休暇にかえって不安を感じる家庭も少なくないようだ。実態調査から“今どき家族”の夏休み事情が浮き彫りになった。

 この実態調査は、eラーニングに関する様々なコンテンツを提供するイー・ラーニング研究所(吉田智雄社長、本社・大阪府)が6月、20代~50代の子どものいる男女269人を対象にアンケートを実施した。

2つの習い事に人気集中

 「子どもの夏休みに勉強させたい習い事」(複数回答)を聞いたところ、トップは「英語・英会話スクール」(181人) 、続いて「プログラミング」(156人)となった。

 3位の「音楽系」(59人)以下に大差をつけて回答が集中した上位2つの習い事に共通するキーワードは「必修化」だ。

 2020年度から小学校3・4年生のカリキュラムに「外国語活動」として英語が導入され、5・6年生では「教科」として英語が必修になる。中学で初めて英語を学んだ親世代にとっては「小学校からの英語」に戸惑いも隠せず、日本の小学校では英語のネイティブや指導経験が豊かな教員が少ない現状も不安を助長している可能性がある。

 また、新学習指導要領でやはり2020年度からプログラミングも必修化されることになったが、こちらは英語に輪をかけて学校での環境整備が遅れており、プログラミング経験のない教師がどこまできめ細かい指導できるのか、といった声も聞かれる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus