趣味・レジャー

京都に「千手観音電車」走る

 京都市内を走行する京福電鉄(嵐電)に千手観音車両が登場し、観光客らの話題を集めている。

 沿線にある世界遺産・仁和寺の観音堂の修復工事が完了し、特別公開されるのに合わせて企画。車体には観音堂の本尊・千手観音菩薩像の画像がラッピングされ、車内には天井から約80本の千手観音の手がつり革のように飾られており、乗客は驚きの声を上げながらカメラを向けている。

 同社の担当者は「観音電車で仁和寺に興味をもってもらい、参拝のきっかけになれば」と話している。運行は11月24日まで。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus