趣味・レジャー

LINEほけんも急拡大、利用広がる「ミニ保険」 半日からの加入も可能

 自動車トラブル対応、ホテルキャンセル費用補償も

 旅行などに便利な、安い保険料で手軽に加入できる少額短期保険(ミニ保険)の利用が広がっている。登山事故やホテルのキャンセル代金補償など商品も多様化。スマートフォンで加入できる手軽さも売りで、夏の行楽シーズンが終盤を迎える中、若者を中心に順調に利用を伸ばしている。

 車を家族や友人から借りて運転する機会も増えるこの時期、人気を集めるのがLINE(ライン)ほけんの「半日からの自動車保険」。自動車保険の加入は1日単位が多いが、12時間単位の加入を実現した。

 LINEほけんはスマホを使って最短1分程度で加入でき、行楽地のけがや携帯品破損など多種多様なトラブルに対応。昨年10月の販売開始から約半年で契約件数が17万件を突破するほど需要を急拡大させる。

 昨年、過去最大の発生件数を記録した山岳遭難。日本費用補償少額短期保険の「レスキュー費用保険」は遭難した際の捜索や救助にかかる費用を補償する。保険料は年4千円で、救助費用のうち最大300万円までが補償される。

 急な病気などによるホテルのキャンセル費用を負担する保険を販売するのは、AWPチケットガード少額短期保険。損保大手の担当者は「異業種も参入しやすく、細かいニーズに応えるミニ保険は今後も増えるだろう」と話している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus