寄稿

もはや気候変動、地球温暖化ではなく「気候危機」「地球過熱化」 (1/2ページ)

 連日の熱中症報道、日本も“言説”を変えて対策の優先度アップを

 □WWFジャパン専門ディレクター(環境・エネルギー) 小西雅子

 BBCが方針転換 気候変動は人間活動が原因

 気候変動が人間活動によるものかどうかについて、2000年代は多くの懐疑派が存在し、当時のメディアは国内外を問わず、「人間活動説」と「自然要因説」の両論を併記していました。メディアのバランスを重視するという特性ゆえの対応でした。

 IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の評価報告書にも変遷がみられ、1992年に公表した最初の評価報告書では「識別可能な人為的影響が地球全体の気候に現れていることが示唆される」という程度の表現だったのに対し、2013~14年に公表された第5次評価報告書では「人間による影響が最も有力な要因であった可能性が極めて高い」となりました。

 気候変動に関する科学の進展に伴い、メディアの両論併記の姿勢が、気候変動への危機感を薄めているという指摘が強まりました。

 そうした中、BBC(英国放送協会)は2018年9月、「気候変動をいかに報道するべきか」について、同局としての編集ガイダンスをすべての記者に伝えました。それは次のようなものです※1。

 (1)人間活動による気候変動は存在する。BBCはIPCCによる最高峰の科学の知見を受け入れる。

 (2)気候変動が起きていることを受け入れたため、BBCの報道に懐疑派を入れてバランスをとる必要はない。これは「false balance(誤ったバランス)」である。

 ガイダンス策定を受けて、同局の記者は全員、1時間の気候変動報道のトレーニングコースを受講するよう指示が出たといいます。

 世界から信頼されている公共放送の1つであるBBCの方針転換は、気候変動に対する世界の認識の変化を端的に表したものと言えるでしょう。

 ガーディアン紙 気候変動の用語集を一新

 世界のメディアでは、地球温暖化に関する言葉づかいを変えようとする動きが浮上しています。英ガーディアン紙は今年5月、気候変動を報じる際に使う用語を一新すると発表しました※2。同紙のキャサリン・ヴァイナー編集長は「科学的に正確で、読者にこの重要な論点について明確に伝えるため用語集を一新する。例えば『気候変動』という言葉は、科学者たちが人類の大惨事と言っているにもかかわらず、受け身で穏やかに聞こえてしまう」と説明しています。

 一新された用語には、それぞれ理由が記されています。これまでのclimate change(気候変動)は、climate emergency(気候緊急事態)やclimate crisis(気候危機)という表現に変わります。理由は「気候変動ではもはや事態の深刻さを正確に反映していないと考えられるため」です。

 また、climate sceptics(地球温暖化懐疑派)は、climate science denier(気候科学否定派)に変えます。「オックスフォード辞典によると、懐疑派とは『真実の探求者、決定的な結論に達していない追求者』を意味する。しかし、気候変動の懐疑派の多くは、圧倒的な気候科学の知見があるにもかかわらず、気候変動が人間活動によるものであることを否定しており、気候科学否定派という表現がより正確」としています。これはBBCの方針転換とも呼応した動きです。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus