乗るログ

1.5Lの兄貴分 スズキ・ジムニーシエラ、不変の設計理念に見る進化 (3/4ページ)

SankeiBiz編集部

 もちろんこれら設計思想はただ継承しているだけでなく、しっかりと進化している。ラダーフレームは先代よりもねじり剛性を1.5倍ほど強化しており、上下方向に柔らかくすることで乗り心地を改善し、水平方向に硬くすることで操縦安定性も向上しているという。左右輪の片方が空転したときは、空転した車輪のみブレーキを作動させ、エンジントルクを落とさずにもう一方の車輪の駆動力を確保して脱出を可能にする「ブレーキLSDトラクションコントロール」を装備。急な下り坂でブレーキを自動制御する「ヒルディセント」や坂道発進時に車両の後退を防ぐ「ヒルホールド」といったシステムも備えている。筆者が試乗した上級グレードの「JC」はクルーズコントロールも搭載しており、長距離ドライブの時に重宝しそうだ。

 いよいよシエラに試乗

 シエラの構造的特徴を踏まえた上でいざ試乗した。ドアの開口部は大きく切り取られており、車高の高さの割には乗り込みやすい。アイポイントが高く、見切りの良いボンネットと平面を組み合わせたスクエアボディーは車両感覚がつかみやすい。

 まず街中を流してみたが、ステアリングフィールや足回りは全体的にまろやかな印象。車高やリジッドサスの影響もあって、ときにポンポンと上下に揺すられる感覚があるが、高速道路に合流してみると、車速の上昇とともに不思議と挙動は落ち着いてくる。102PS/130Nm の1.5L直4自然吸気エンジンともなれば加速に大きな不満はなく、軽で高速道路を走るときよりもプラスアルファの余裕を享受できる。直進安定性や車線変更のときにも不安を感じることはなかった。

 山中湖周辺の明神峠や三国峠のカーブでは、たびたびロールが発生したが、このクルマのキャラクターを考えれば想定内だ。登坂中などさらに加速を要求すれば、4速ATが瞬時にギアを落としてエンジン回転数を上げてくれる。同じ道を圧倒的なパワーで駆け抜けた日産GT-Rと比較すれば特にパワフルというわけではないし、正直しんどそうなときもあったが、世界中の悪路を踏破することを念頭に開発されているシエラにGT-Rと同じ感覚を求めるつもりもない。特徴の異なるクルマで異なる走り味を体験したというだけだ。

 山中湖ではシエラを砂浜に降ろし、4H(4WD高速)走行も試してみた。この程度の路面であれば2輪駆動で十分だが、グリップ感の違いはすぐに感じ取ることができる。特にゆるやかな傾斜や旋回時など、四駆にすると前輪が滑る感覚がピタリと止むのだ。合間に少しだけ趣味のバス釣りを楽しんだが、筆者のようにレジャーで砂浜や河原、山道に頻繁に行くような一部ユーザーにとって、4WDというチョイスは大前提となってくる。レジャーの範囲内でも4WDを必要とするシーンはそれなりにあるのだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus