お金で損する人・得する人

豪雨で自動車が水没 保険金は受け取れるのか 自宅はどうなる? (1/4ページ)

高橋成壽
高橋成壽

 2019年8月下旬に発生した佐賀県をはじめとする九州地方に土砂災害を引き起こした大雨。2018年の西日本豪雨に匹敵するような水災が発生し、テレビやネットのニュースを通じて水没自動車を見た人も多かったのではないだろうか。あなたの大切な財産が突然起きた災害で水没したらどうなるのか。今回は損害保険の再点検を中心にお伝えしよう。

 今回の九州大雨の影響による土砂災害(執筆時点)は、土石流が佐賀県で1件。地滑りが長崎県と佐賀県で計3件、がけ崩れが長崎県で51件、佐賀県で14件。病院が床上浸水し孤立した映像や画像を見た人もいるだろう。毎年のように発生する大きな自然災害が、いつあなたを襲ってくるかはわからない。もし、あなたや家族を危険にさらすような災害が起こった時、命の次に大切ともいわれる財産をどのように守ればいいのだろう。

 まずはハザードマップを確認

 自然災害といっても色々あるが、今回のような水災から命と財産を守るには、ハザードマップを確認し、住まいの地域に起こりうる災害の種類を知っておくことが重要だ。ハザードマップにも種類がある。洪水、内水、高潮、津波、土砂災害、火山、ため池など災害毎にハザードマップが作成されている。詳細はハザードマップポータルサイト(https://disaportal.gsi.go.jp)から、ご自身の住まいの地域にどのようなハザードマップが存在するか確認しよう。それによって、どんな種類の災害が発生する可能性があるかを知ることができる。まずは危険性を知るということが、命と財産を守ることにつながる。

 水災の場合はハザードマップだけでなく、現在の地名のみならず旧地名などを確認すると、水にゆかりのある地域であるかが確認できることもある。例えば筆者の地元の神奈川県藤沢市だと、鵠沼という土地があり、沼地だったことが想像できるだろう。同じく片瀬という土地があり、水辺であることを想像することができ、実際海に接する地域である。そもそも藤沢市の沢という字は、川や湿地や渓谷などの水を意味しているのだ。神奈川県にも川の字がついている。

 水災は海だけでなく、川や山などでも発生する。原因は大量の雨水だから、梅雨の時期や台風の時期は要注意だ。内水と言って水道管を逆流する水災もあり、マンホールのある場所が危険なこともある。近年はゲリラ豪雨もあり、水がなさそうな場所も意外に油断がならないのだ。住まいだけでなく、職場においては内水ハザードマップも確認をお薦めする。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus