節約家計簿

消費増税、キャンペーン活用でお得に どこでどの決済方法が得かを見極めて

 いよいよ10月1日から消費税率が10%に上がります。外食、酒類を除く食品や飲料などには軽減税率が適用されたり、増税後9カ月間はキャッシュレス決済に2~5%ポイント還元されるなど、一律に10%負担とはなりません。

 それに加えてコード決済各社は、10月からポイントアップなどのキャンペーンを展開する予定です。100億円キャンペーンで認知度を上げたPayPayは、10月1日~11月30日に5%還元対象の加盟店で、PayPay残高かヤフーカードで決済した場合、PayPayの利用特典で1.5%、キャンペーンで3.5%のポイントを付与し、政府の還元事業による還元率5%と合わせて10%還元されることになります。

 2%還元の店舗では、PayPay残高やヤフーカードでの決済で、PayPay利用特典による付与率1.5%がプラスされ、政府の還元率2%と合わせて3.5%が還元されることとなります。PayPay利用特典を含むキャンペーンの5%部分の1回あたりの付与上限は1000円(決済金額2万円)までです。

 楽天ペイは、10月1日~12月2日に、2%還元店舗で楽天ペイ決済をした場合に3%、還元事業対象外の店舗で楽天ペイ決済をした場合に5%のポイントを還元し、政府の還元の有無にかかわらず、どこで買い物をしても楽天ペイで払えば5%還元されるキャンペーンを実施します。キャンペーンの適用にはエントリーが必要で、期間中最大3000ポイントまでの付与となります。

 このほかにも、増税後には各店舗で割引セールが行われる可能性があります。情報を得るたびに「買わなくては損!」と思うとムダな出費をしてしまうので、この時期に買いたいもの、必要なものをリストアップしておき、どこでどの決済方法で買うのが得なのか、考えてから、購入するとよいでしょう。(マネーライター 生島典子)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus