乗るログ

「レクサスらしさ」とは何か セダンのLSからクーペのLCまでイッキ乗り (3/3ページ)

SankeiBiz編集部

 LCの走りが「滑らか」に進化

 最後はクーペのLCだ。試乗車は電動化の流れに逆行する自然吸気(NA)5リッターV8エンジンを搭載する大排気量ガソリンモデル。最高出力477PS/7100rpm、最大トルク540Nm/4800rpmという超ハイスペックマシンだ。LCもサーキット走行を含めて何度か試乗しているが、その高性能に加え、ほぼ同等のパワーユニットを搭載するスポーツクーペ「RC F」とは雰囲気の異なるエレガントで艶やかなスタイリングに毎度のこと気持ちが高ぶる。

 鋭いレスポンスやNAらしい伸び感など、スポーツカーらしい味付けは相変わらずエキサイティング。少し踏んだだけで一気に景色の流れ方が変わるほどシャープに反応する。ジャンルが違うので当たり前なのだが、アクセルやブレーキの反応具合、居住性やヒップポイントの位置など、RXやLSとは特性が全く異なる。

 前回のLC試乗はマイチェンが施される前だった。今回、箱根のワインディングで強烈に印象に残ったのが、さらに磨きのかかった走り味、とりわけ自在なコーナリング性能だった。全くざらつきがないステアリングフィール、操作に対する胸のすく素直な振る舞い。ステアリングシャフトから伝わる振動は明らかに減っている。そして、とにかくノーズの入りがいい。

 試乗後、運動性能の検証を担当するLEXUS-TAKUMIの伊藤好章氏に「ハンドルを切った時のスムーズ感や、ハンドルからくる振動やザラザラ感が減りましたよね? シルクの上をなぞるように抵抗がない感じですね」と尋ねると、「ハンドルも動きもスムーズになりました。ステアリングサポートを鉄製からアルミに変えたことで、路面から伝わるザラザラ感がかなり遮断されるんです」とのことだった。小改良のレベルでもしっかりと進化の様子が伝わってくるのだ。

 4車種を一気に乗り比べてみた結果、ジャンルが異なる中にもいくつか共通しているポイントがあった。これまでにもレクサスは「品質・乗り心地・静粛性」において高く評価されてきたが、最近のラインアップにはすべての車種に共通する“新たな付加価値”が与えられているように感じた。

 それらは《軽やかなステアリングフィール》《余裕を感じさせる先進の走行性能と安全性》《デザインに見るブランドの統一性(=グリル形状やL字モチーフの灯火類)》《運転のしやすさ》だ。とくに《運転のしやすさ》については「肩肘張らず自然体で運転できる高級車」であると感じた。それは、挙動を把握しやすいドライブフィールであったり、初めて乗っても直感的に分かりやすい操作性やスイッチ類の配置の良さだ。もちろんすっきりとしたハンドリングや余裕のある動力性能も《運転のしやすさ》に直結しているだろう。これが最近のモデルに共通する新たな「レクサスらしさ」なのだろうと勝手に解釈した。

【乗るログ】(※旧「試乗インプレ」)は、編集部のクルマ好き記者たちが国内外の注目車種を試乗する連載コラムです。更新は原則隔週土曜日。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus