IT風土記

福岡発、ラグビーに熱狂する観戦客をリピーターに 翻訳データ活用でさらに魅力ある観光都市に (2/2ページ)

 そのため、ラグビーワールドカップ2019日本大会で福岡を訪れる観光客のニーズに応える態勢も整えている。欧米の観光客が好む博多旧市街エリアの魅力を再発見する伝統文化コースを設け、福岡市公式シティガイドの「よかなび」やパンフレットなどで情報発信をしている施策が、その一つだ。海外でMICE誘致のプレゼンテーションなどを担当する福岡観光コンベンションビューロー専務理事で、福岡地域戦略推進協議会(FDC)観光部会副部会長の合野弘一氏は「博多旧市街地では、ナイトタイムを楽しみたい欧米の観光客のニーズに応えたい。ラグビーファンはお酒も強いので、福岡の日本酒や食事を味わってもらい、リピーターになってもらいたい」と力を込める。

 福岡市やFDCが描く観光戦略は、会議やスポーツイベントへの参加者が見込めるMICEで、福岡の良さを知ってもらい、プライベートな観光でのリピートや、口コミによる新たな観光客の取り込みを進めることだ。合野氏は「会議の参加者から、今度福岡に行きたいから、お勧めの飲食店を紹介してほしいという相談も多い」と手ごたえをにじませる。

 翻訳アプリ活用し、九州全域にインバウンド効果を拡散へ

 NECの多言語音声翻訳アプリの活用と観光ビッグデータ分析ソリューションは、福岡市にとどまらない観光戦略や街づくりを効果的に進めるうえでの“名参謀役”として期待が高まっているという。合野氏は「欧米からの観光客は歴史を体感し、長期滞在するケースが多いと聞く。福岡を起点に九州全域に足を延ばすことも期待できる」と力説する。

 NEC東京オリンピック・パラリンピック推進本部大会整備&運営事業推進グループの藤森偉恭マネジャーは「世界的なスポーツイベントが立て続けに行われる好機を生かし、観光ビッグデータ分析ソリューションの精度を高めたい」と意気込み、「『NEC翻訳』を携えて、おもてなしする側の人たちとの会話とGPSデータを重ねれば、観光行動の実態が把握できるはずだ」と展望を語る。

 FDCは九州各県の観光協会と定期的に情報交換しており、新たなインバウンド需要を九州全域で取り込むための戦略作りも検討している。冨田氏は「福岡のMICEがきっかけとなって、九州全体に経済効果が波及することは福岡市としても歓迎したい」と話す。さらに翻訳データの活用は、全国各地の地域活性化策の取り組みにも期待されるという。
この続きはNECのビジネス情報サイト「wisdom(閲読無料)」でお読みください

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus