デキる男は住まいから

お父さんのためにも洗濯を効率化 家族の体調不良に備えて仕組み作りを (1/2ページ)

香村薫
香村薫

 インフルエンザなど子供の体調不良が気になる季節になりました。看病するお母さんまで体調を崩してしまったら、お父さんが対応するしかありません。普段慣れていない細かい家事のアレコレを体調の悪い奥さまに確認しながら進めるのは大変ですよね。

 家事の中で時間が掛かる代表格が「食事」と「洗濯」の2つです。食事は数日間であれば出来合いのもので対応できるかもしれませんが、「洗濯」は誰かがやらないと暮らしが回っていきません。そこで、今のうちに簡単な仕組みを作っておいてはいかがでしょうか。いざというときのお父さんのため、というのはもちろんのこと、毎日取り組んでいるお母さんからも喜ばれること間違いナシですよ。

 洗濯機で回していいものとNGのものを分ける

 まずは、これから洗濯するものを分ける作業です。そのまま洗濯機に入れてよいものとNGのものをあらかじめ分けて入れるために、洗濯カゴを2つ置いてみましょう。素材や色落ちなどの理由でNGの衣類がかさむほど、家事の負担は増えていきます。今後購入する際は「洗濯表示」を確認したうえで、そのまま洗濯機で回せる衣類を意識して購入すると洗濯がラクになりますね。

 洗剤の量問題

 洗濯機をスイッチONする際に洗剤の量に悩んだり、洗剤を入れ忘れるのもよくある話です。そこでオススメなのが、洗剤の代わりに使えるマグネシウム粒が入った「洗濯マグちゃん」です。洗濯マグちゃんは中に入っているマグネシウムの粒が水に溶けてマグネシウム水になり、洗濯で使う水が洗濯洗剤と同等の洗浄力を発揮するようになります。

 使い方は実に簡単。マグネシウムを入れた白いメッシュ袋を衣類と一緒に洗濯機に入れて洗濯するだけです。終わったら衣類と同じように干して乾かしましょう。乾燥まで一気に行う場合は常時入れっぱなしでOK。1袋で300回分使えるので、洗剤の買い替えなども不要です。よかったら一度試してみてください。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus