Shopping

発熱する冬のあったかインナー ミズノ「ブレスサーモアンダーウエア」

 寒い冬を乗り切るのに必需品となった温かいインナー。各メーカーから様々なタイプの冬用インナーが発売されています。数あるあったかインナーの中から今回はスポーツブランド「ミズノ」の吸湿発熱素材「ブレスサーモ」を使用した「ブレスサーモアンダーウエア」シリーズをご紹介します。<産経ネットショップ>

 ミズノ「ブレスサーモ」は、1993年に開発されたミズノ独自の基幹素材で、人体から発生する水分を吸収し発熱する、保温素材です。1994年にスキー日本代表公式ウエアに採用されるなど、開発から26年以上にわたり競技者のパフォーマンスをサポートし、1997年から「ブレスサーモ」を使用したアンダーウエアを販売しています。

 今シーズンのブレスサーモは、通勤・通学などの日常使いにおすすめのスタンダードなものから、アクティブスポーツなどに対応するものまで、4カテゴリーの新しいラインナップにリニューアルし、シーンに合った温かさ・快適さで商品を選べるようになりました。

 日常用の定番「ブレスサーモアンダーウエア」(2,090円~)は薄手なのでスタイルを選ばず着用でき、軽やかな着心地。温かさはもちろん、肌触りの良さや汗処理性なども充実しています。半袖のVネック、長袖のVネックにタイツの3商品。

 「ブレスサーモアンダーウエアプラス」(3,850円~)はマイクロアクリル糸の採用で柔らかな肌触り。中厚、裏起毛で保温性が高く、服の中でもたつきにくいストレッチ性も備えているので通勤・通学はもちろん、バイクでの移動や旅行、スポーツ観戦にぴったりです。長袖のハイネック、長袖のVネックにタイツの3商品。

 「ブレスサーモアンダーウエアEX」(6,050円)は肌面に撥水ポリエステルを採用し、汗処理性を向上。身体の動きにフィットするストレッチ性も備えているため、ウインタースポーツにおすすめです。長袖クルーネックのインナーとタイツの2商品。

 「ブレスサーモ アンダーウェアEXプラス」(7,150円)はブレスサーモ原綿の量を増やして発熱力をアップさせた、厳寒対応モデル。厚手、裏起毛で保温性も高く、汗冷えも抑えるので雪山登山から屋外作業まで、厳しい寒さの中での活動に適しています。長袖クルーネックのインナーとタイツの2商品。

 価格はすべて税込み。価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。

産経netShop

ミズノ ブレスサーモ アンダーウェア Vネック 長袖 C2JA8610 ミズノ ブレスサーモ アンダーウェア Vネック 長袖 C2JA8610 ミズノ ブレスサーモ アンダーウェア タイツ C2JB8610 ミズノ ブレスサーモ アンダーウェア タイツ C2JB8610 ミズノ ブレスサーモ アンダーウェア プラス Vネック 長袖 C2JA9641 ミズノ ブレスサーモ アンダーウェア プラス Vネック 長袖 C2JA9641 ミズノ ブレスサーモ アンダーウェア プラス タイツ C2JB9641 ミズノ ブレスサーモ アンダーウェア プラス タイツ C2JB9641 ミズノ ブレスサーモ アンダーウェア EX 長袖 C2JA9609 ミズノ ブレスサーモ アンダーウェア EX 長袖 C2JA9609 ミズノ ブレスサーモ アンダーウェア EXプラス 長袖 C2JA9614 ミズノ ブレスサーモ アンダーウェア EXプラス 長袖 C2JA9614

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus