教育、もうやめませんか

机上の空論も大いに結構 科学教育にもビジネスにも「絵空事」が一番大事 (1/3ページ)

野村竜一
野村竜一

 「実質無限にお金があったらどうするか」

 「全く新しい学校を作ろうとしています!」と綺麗なプレゼンシートを使って語っても、やはり人々の具体的な賛同やサポートを得ることは難しいという実感があった。そこで取り掛かったのが、我々の思い描く教育環境の“プロトタイプ”作りだった。「まったく新しいタイプのサイエンス・インターナショナル・スクール」のお試し版として、約1週間という短期の「サマースクール」を開催する計画だ。

 前回も触れたが、「生徒の実際の研究活動」と「多様な分野の専門家によるレクチャー」というプログラム内容はほぼ計画旗揚げと同時に決めていた。この第1回サマースクールが、2020年9月に開校に漕ぎつけた“本番”Manai Institute of Science and Technology(以下Manai)の原形となった。

 私がプロジェクトを進める時に大切にしている考え方がある。何かを計画する時にまずは実現可能性を無視し、理想の選択肢を想定することだ。例えば「実質無限にお金があったらどうするか」「相手がOKと必ず言ってくれるとしたらどういう案をつくるか」を描き切った後に、実現性を加味して計画をアジャストする。

 実は、この「制限を無視してまずは理想の状態を構想せよ」というのは、この後にManai設立プロジェクトにサポーターとして参画する連続起業家の孫泰蔵さんからの助言だ。Manaiのビジョンや施策の多くは孫氏からのアドバイスや彼とのディスカッションを通して生まれた。

 「私は協力したいが、組織が」

 横須賀市からは計画への賛同を得られ、市と鉄道会社で運営する横須賀リサーチパークをサマースクール会場として借りることになった。その後、他のタスクと同時並行してアプローチを開始していた研究者や企業にも正式な講義依頼を急ピッチで行った。サマースクール開催の6~7カ月前はほぼ毎日、ネットワークを拡大すべく、国内外の大学や研究所や企業を訪問させてもらい、ご挨拶およびプロジェクト説明、そして協力依頼をおこなった。個人の研究者にメールで連絡をとり研究室を訪ねたことも多くあった。

 この活動中、訪問した研究者たちの多くが若年層への科学教育の必要性を口にしていた。まさに我々がManaiを立ち上げる時に考えていたことを多くの研究者が焦りを伴って考えていた。

「研究自体は頑張れる。そんな簡単に欧米の連中に負けない。しかし官や企業を巻き込んで研究を拡大させる力が我々アジアの研究者、および環境には圧倒的に不足している。自らのビジョンを、研究自体を語り人を動かす力というのはこれまでの学校教育や研究者育成の方法では賄えない」

 このように話す研究者の言葉が印象的だった。Manaiで育てたい新しい時代の研究者マインドの一つがこの言葉から生まれたと思っている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus