ライフ

YS11初号機、展示へ向け解体 高度経済成長を支えた歴史を伝える

 国立科学博物館(科博、東京)は15日、羽田空港で保管している戦後初の国産旅客機「YS11」の量産初号機の解体作業を報道関係者に公開した。初号機は今秋以降、茨城県筑西市のテーマパークで一般向けに展示することが決まっており、引っ越しのため、一時解体することになった。茨城に移った後に組み立てられ、高度経済成長を支えた歴史を伝える機体が再び姿を現す。

 量産初号機は、航空科学博物館(千葉県芝山町)が所蔵する試作1号機を除き、現存する同機種最古の機体。昭和40年に運輸省(現国土交通省)に納入され、空路の安全性を確認する「飛行検査機」として羽田を拠点に2万時間以上、飛行した。平成10年に退役し、科博が貴重な産業遺産として羽田で保管してきた。スペースも狭くなり移設を検討。昨年8月、筑西市の「ザ・ヒロサワ・シティ」が公開場所に決定した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus