オーダーブックで読み解く外為市場

続く新型肺炎ショック 投資家のリスク許容度低下、米経済指標が追い打ちも (1/2ページ)

 先週の為替相場は新型肺炎の感染拡大への警戒感により、投資家のリスク許容度が後退し、安全資産とされる円が強い推移となりました。

 また、イングランド銀行(BOE)の金融政策委員会において一部では利下げが予想されていたにも関わらず、前回と同じ票数で利下げが見送られたことを受けてポンドが底堅い推移となったほか、ユーロも底堅い推移となりました。

 今週も引き続き新型肺炎に関する報道に注目が必要となりそうです。感染拡大が報じられれば景気減速が意識され、リスク回避の円買いが強まることが想定される一方で、現時点でそれほど可能性は高くないとは考えられますが、鎮静化に向けた報道が出てくると、リスク回避の動きの巻き戻しに転じるというシナリオも考えられるため、状況に合わせた柔軟な対応が必要となりそうです。

 このほか、米国で注目度の高い雇用統計など経済指標の発表が予定されています。

 米国雇用統計は今後の米国の金融政策を占う上で重要な経済指標ということもあり、市場予想と乖離があると、米ドルを中心に大きなインパクトを与える可能性があるため、発表直後の動きには注意が必要です。

 下落基調が続く可能性あり

 では、世界中に顧客を持つ外国為替証拠金取引(FX)会社のOANDA(オアンダ)が提供するオーダーブックで外国為替市場の動向を探ってみましょう。

 オーダーブックはOANDAの顧客の取引状況を公開したデータです。顧客の保有しているポジションの取得価格の水準(縦軸)と割合(横軸)を示す「オープンポジション」と、顧客の未約定の注文の価格水準(縦軸)と割合(横軸)を示す「オープンオーダー」の2種類のデータから成ります。

 ちなみに、ある通貨を買っている状態を「買いポジション」、売っている状態を「売りポジション」といいます。買いポジションを保有している場合、その通貨の価格が取得価格から上昇したら収益が上がり、逆に下落すると損失が発生します。売りポジションを保有している場合は、取得価格から下落すると収益が上がり、上昇すると損失が発生します。FXでは、それぞれのポジションとは反対の売買を行って決済(損益の確定)をする仕組みとなっているからです。

 先週もドル円は上値の重い推移が続き、1米ドル=108円台前半まで下押す動きとなりました。

 OANDAのオープンポジションを見ると、今週も前週に続き、下押しにより、損失(含み損)を抱え、苦しくなった買いポジションが目立つ状況が続いており、反発したところでは、やれやれ売り(損益分岐点に戻ってきたことによる安堵の決済の売り)が増え、上値を圧迫することが想定されるほか、安値を切り下げる動きとなると、損切りの売り注文(損失の拡大を防ぐための決済注文)が増えることが想定され、上値の重い状態が続く可能性が考えられそうです。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus