ヘルスケア

17日に新型肺炎受診の目安公表へ 加藤厚労相「患者増加の局面を想定した対策をとる」

 加藤勝信厚生労働相は16日夜、新型コロナウイルス感染症対策政府専門家会議後に厚労省で記者会見し、医療機関を受診する目安を17日に公表する方針を示した。現状については「感染経路を特定できない症例が複数認められる。患者が増加する局面を想定した対策を今から取るべきだ」と述べた。

 また、専門家会議の座長の脇田隆字(わきた・たかじ)国立感染症研究所所長は「感染の早期だ」と話し、流行状態ではないとの認識を示した。その上で、感染者への診療や治療の方針については「診療の重点は肺炎のある重症の方をいかにコントロールするかだ」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus