ヘルスケア

国公立大2次試験会場、目立つマスク姿 大学「感染防止を」

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、国公立大2次試験の前期日程が25日、始まった。大学側は感染防止を呼び掛け、受験生らは緊張した面持ちで試験に臨んだ。各地の会場に集まった保護者や塾関係者らもマスク姿が目立った。

 東京都文京区の東大本郷キャンパス前には、マスクを着けた受験生や保護者、応援ののぼりを持った塾関係者らが集まった。岡山県倉敷市の県立高3年、鈴木善遥さん(18)は、外出時にマスクを着用するなど、体調管理を徹底してきた。「できることはした。後は運次第」と落ち着いた様子で話した。

 大阪大(大阪府吹田市)も、大半の受験生がマスク姿。大阪府守口市の北垣内翔香さん(19)は「薬がない分、インフルエンザよりも怖い」。京都市の高校3年の女子生徒(18)も「電車もマスクをした人が多く、親も心配している」と不安げな様子で話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus