節約家計簿

自転車保険に入ってますか? 加入を義務化する自治体が増加

 全国各地で、自転車保険に代表される、賠償責任補償の確保を義務化する動きが広がっています。条例を改正して加入を義務化したり、努力義務を課したりする自治体が増えており、4月からは東京都でも、自転車保険への加入が義務化されます。

 自転車保険への加入方法をいくつかご紹介しましょう。たとえば、火災保険や自動車保険に特約として損害賠償責任補償を付ける、クレジットカード会社や携帯電話会社を通して自転車保険に加入する-などの方法があります。また都道府県によっては、自治体が自転車保険を扱うケースもあります。

 また、自転車安全整備店で付与してもらえるTSマーク付帯の保険に入る方法もあります。TSマークは、公益財団法人日本交通管理技術協会が扱う制度。自転車安全整備士が勤務する自転車安全整備店において、自転車の点検整備を行った場合に、TSマークを付与してもらえます。保険料は、自転車の整備点検費用の中に含まれています。

 TSマークには赤色と青色の2種類がありますが、昨今の高額賠償事例を考えますと、賠償責任補償が1000万円の青色TSマークではなく、1億円が確保でき、10万円の被害者見舞金が出る赤色TSマークの付与が望まれます。保険期間は1年なので、年に1度、定期点検を受けて、赤色TSマークを付与してもらうのが理想です。

 最近、加入者を増やしているのは、損保ジャパン日本興亜が、LINE経由で扱う自転車保険。LINE保険の中に「自転車ライフ安心保険」があります。実際にLINE経由で自転車保険に加入し、事故を起こしてしまった人の約70%は、他人への賠償を伴う事故だったそう。自転車ライフ安心保険に加入すると、死亡・後遺障害100万円、入院保険金日額2000円、賠償責任補償最高1億円が、月額100円の保険料で確保できます。(ファイナンシャルプランナー 畠中雅子)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus