ヘルスケア

「廃業かも」観光地で悲鳴 首都圏、GWまで外出自粛に

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言で、首都圏の外出自粛はゴールデンウイーク(GW)最終日の5月6日まで続くことになる。近隣の観光地は閑古鳥が鳴いており、事業者からは「廃業もあり得る」と悲鳴が上がる。

 緊急事態宣言の対象地域となる神奈川県で、都心からも近い温泉地・箱根町。同町観光協会によると、3月の宿泊客数は前年比で約半分に落ち込んだ。4月は7割以上の減少を見込み、中小事業者からは資金繰りを懸念する声も上がる。

 栃木県日光市の鬼怒川温泉では4月以降、鬼怒川温泉旅館組合に加盟する約30施設の半分以上が休業する事態になっている。

 首都圏の客が全体の8割を占めるという静岡県熱海市。約70施設が加盟する熱海温泉ホテル旅館協同組合によると、3月前半の宿泊客数は前年比で4割減少した。後半はさらに減り、現在は観光客がほとんどいないという。同組合幹部は「先が全く見えない。終息しても、客足はすぐには戻らないだろう」と嘆く。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus