ヘルスケア

鈴木スポーツ庁長官「今は終息に向け動く時期」 NTCなど利用中止

 スポーツ庁の鈴木大地長官は8日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の緊急事態宣言により、トップ選手の練習環境がさらに制限されることについて「不安はものすごくわかる」としながらも「今はまず国民とともに終息に向けて動く時期」と述べ、感染症対策を優先すべきとの認識を示した。

 同日は東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)など強化拠点の利用中止が発表された。鈴木長官は選手や指導者に対する栄養や医療面でサポートは電話、メールなどで継続すると強調。五輪・パラリンピックを目指す選手に対しては「今の環境の中で、コンディションを維持するよう頑張っていただきたい」と述べた。

 今夏の全国高校総合体育大会の開催が危ぶまれるなど影響は他方面に及ぶが、「健康で安全な状態になればスポーツ活動自体も継続できる」と理解を求めた。

 7日に閣議決定した政府の緊急経済対策で盛り込まれたスポーツイベントの再開支援の対象に、Jリーグなどプロスポーツも含まれることも明らかにした。1会場あたり1千万円を上限に必要経費の半額を補助する方向で調整している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus