クルマ三昧

デミオやアクセラが消えた? マツダ、車名を統一化したブランド戦略の行方 (2/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 メルセデスはもっと徹底している。Aクラス、Bクラス、Cクラス、Eクラス、Sクラスと、これも物の見事にアルファベットの若い順に車格が並んでいる。メルセデスのCクラスと聞けば、メルセデスラインナップの中でBよりも大きく、Eよりも小さいことがすぐに分かるという仕掛けだ。そんなブランディングに成功したメーカーの戦略をマツダは取り入れたというわけだ。

 マツダの「魂動デザイン」

 マツダはデザインも統一した。「魂動デザイン」というキーワードを掲げ、全てのデザインテイストを統一したのだ。マツダのデザインを束ねる前田育男取締役の旗振りにより、デザイン戦略も一糸乱れない。フロントグリルは、ホームベースを縦に起こしたような、ダイヤモンドの指輪を横から眺めたかのような、五角形グリルで統一された。

 それで思い起こすのはやはり、ブランド巧者の面々である。BMWはキドニーグリルを徹底的に貫き通している。だからBMWは、初めてそのモデルを目にした時でさえ、BMWのモデルであることが分かる。目の前を駆け抜けた瞬間に分かるのが、デザインアイコンであり、デザインの統一化のメリットなのだ。

 メルセデスやアウディは時代ごとに合わせてデザインアイコンを意図的に変更しているが、根底にはデザインの統一がある。巧みな筆さばきによってブランドを浸透させているのである。

 マツダを象徴する色「ソウルレッド」

 そんなマツダのブランド戦略はさらに徹底している。マツダの赤いクルマが増えたことを知る人は、センサーがかなり敏感な人だろう。マツダは自らのイメージカラーを「ソウルレッドクリスタルメタリック」に統一しているのだ。もちろんユーザーの嗜好に合わせるように様々なボディカラーの準備はしている。だが、カタログや展示モデル等は徹底してソウルレッドクリスタルメタリックに統一しているのだ。僕はいつしか「マツダ=ソウルレッドクリスタルメタリック」になってしまった。そう、マツダのブランド戦略は成功しつつある。

木下隆之(きのした・たかゆき)
木下隆之(きのした・たかゆき) レーシングドライバー/自動車評論家
ブランドアドバイザー/ドライビングディレクター
東京都出身。明治学院大学卒業。出版社編集部勤務を経て独立。国内外のトップカテゴリーで優勝多数。スーパー耐久最多勝記録保持。ニュルブルクリンク24時間(ドイツ)日本人最高位、最多出場記録更新中。雑誌/Webで連載コラム多数。CM等のドライビングディレクター、イベントを企画するなどクリエイティブ業務多数。クルマ好きの青春を綴った「ジェイズな奴ら」(ネコ・バプリッシング)、経済書「豊田章男の人間力」(学研パブリッシング)等を上梓。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

【クルマ三昧】はレーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、最新のクルマ情報からモータースポーツまでクルマと社会を幅広く考察し、紹介する連載コラムです。更新は原則隔週金曜日。アーカイブはこちら。木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【試乗スケッチ】こちらからどうぞ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus