ブランドウォッチング

自粛生活のマンネリ打破に「ピザーラ」 日本ブランドのパーティー感演出力 (1/2ページ)

秋月涼佑
秋月涼佑

 新型コロナウイルス流行によるステイホーム生活が長くなりました。国難とも言える状況は誰に対しても仕事や生活の上でシビアな影響を与えていますが、一方でどうせならばせめて自粛生活の効用を発見しようという気分もあるかと思います。例えば、外食や出張が多かったビジネスマンであれば、三食家で食べる生活のシンプルな良さを見直している方も多いかもしれません。 

 でも、そんなある意味”less is more”(シンプルな中に豊穣あり)を見出す生活も長く続けば、ちょっと変化をつけたくなるのもまた人情。振り返れば、外食はプロが作った美味しい料理を食べるという目的もさることながら、家とは違う空間しかも家族以外の人が集まる場所という身近な非日常のエンターテインメント性を楽しむ意図が少なからずあったように思います。

 でも外出自粛生活の今、以前は当たり前と思っていた外食の贅沢がままなりません。そんなマンネリ化しやすい家ご飯生活の中、束の間の変化を求めてフードデリバリーオーダーが今活況となっています。

 対応に追われるデリバリーピザ業界

 都市部に住む世帯限定の便利さではありますが、Uber Eatsなど配達手法の多様化もあって望めば和洋中、エスニック、リーズナブルな価格帯から高級まで結構なバラエティのデリバリーが楽しめます。また最近では事前に15~30分程度の時間指定が可能なサービスなどで待ちぼうけのリスクもかなり軽減されつつあります。

 さて、そんな豊富なデリバリーメニューの中でも圧倒的な定番は、やはりピザではないでしょうか。二番手のお寿司を凌いで圧倒的な人気で、デリバリーと言えば一番に思い浮かぶメニューです。

 実際にステイホーム生活の今、デリバリーピザ各社は配達スタッフを大幅増員するなど、対応に追われているのです。

 ならではの特性 

 あらためて考えると、ピザならではのデリバリーに適した特性は驚くほどたくさんあります。

 まず何といっても運ばれてきても美味しい。段ボール容器の工夫も大きく貢献しているようですが、容器の中で程よく熱気と水分で蒸されて家に届く頃でも十分美味しくいただけます。加熱調理してあることの安心感もデリバリー食品としては結構重要ポイントです。そして比較的に好き嫌いが出にくい上、単品メニューにも関わらず満足感がスゴイ。ついつい食べ過ぎることを警戒した方が良いレベルかもしれません。

 意外と侮れないのが、後始末の容易さです。洗い物を出さずに、容器ごとゴミにしてしまえば片づけられる有難さは、その解放感も含めて非日常性を担保しています。せっかく美味しいものを食べても、普通は後片付けの憂鬱がつきものなのが家ご飯の宿命なのですから結構うれしいポイントです。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus