オーダーブックで読み解く外為市場

米金融政策の方向性に過敏反応も 欧州景気回復の兆し出てくるか

 先週も引き続き新型コロナウイルスの感染拡大による景気減速への警戒感、米中関係悪化懸念などの不安材料が燻る中、米欧を中心に行動制限の緩和に対する期待感も出ており、不安と期待が入り混じる状態が続いています。

 先週の為替相場は米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長がマイナス金利導入に否定的な考えを示したことやトランプ米大統領の米ドル高を支持するとのコメント等の影響で、ドルが比較的強いほか、円、ユーロもその他の主要通貨に対して強く、主要3通貨の間での強弱がはっきりしない状態が続いています。これに対し、ポンドは英国で追加緩和観測が強まったことで軟調な推移が続きました。

 今週は米国でパウエルFRB議長の議会証言が予定されており、今後の米国の金融政策の手掛かりを求めて市場の注目が集まります。新たな手掛かりが出てくるようであれば為替市場では米ドルを中心に大きな影響を与えることが想定されるほか、これまでのコメントを踏襲するような内容であっても市場が過敏に反応する可能性もあるため、注意したいイベントです。

 また、欧州ではドイツのZEW景況指数やユーロ圏各国のPMIの速報値などの発表が予定されています。景気回復への兆しが出てくるようであれば、ユーロの下支え材料となりそうです。

 均衡が上下いずれに崩れるか

 では、世界中に顧客を持つ外国為替証拠金取引(FX)会社のOANDA(オアンダ)が提供するオーダーブックで外国為替市場の動向を探ってみましょう。

 オーダーブックはOANDAの顧客の取引状況を公開したデータです。顧客の保有しているポジションの取得価格の水準(縦軸)と割合(横軸)を示す「オープンポジション」と、顧客の未約定の注文の価格水準(縦軸)と割合(横軸)を示す「オープンオーダー」の2種類のデータから成ります。

 ちなみに、ある通貨を買っている状態を「買いポジション」、売っている状態を「売りポジション」といいます。買いポジションを保有している場合、その通貨の価格が取得価格から上昇したら収益が上がり、逆に下落すると損失が発生します。売りポジションを保有している場合は、取得価格から下落すると収益が上がり、上昇すると損失が発生します。FXでは、それぞれのポジションとは反対の売買を行って決済(損益の確定)をする仕組みとなっているからです。

 先週のドル円は、序盤は底堅い推移となり、1米ドル=107.75円付近まで下押しましたが、後半は失速し、鈍い動きとなりました。

OANDAのオープンポジションを見ると、揉み合うような動きが続いたことにより、先週の価格レンジの中心となる1米ドル=106.75~107.75円の水準で構築されたポジションが多い状態です。

 このため、この価格レンジを超えるような動きとなると、売買のいずれかのポジションの損切り(損失の拡大を防ぐための決済取引)の注文が増え、均衡が崩れた方向に価格が勢いづく可能性が考えられそうです。

 また、買いポジションの比率が60.9%と多い状況であることを考えると、下抜けた場合の方が、損切りが多くなり、大きな動きとなる可能性があります。

 ユーロは1.0765-1.09米ドル付近の価格レンジ

 先週のユーロドルは、1ユーロ=1.07米ドル台後半から1.09米ドルの間で方向感の薄い推移が続きました。

 OANDAのオープンポジションを見ると、1ユーロ=1.0765-1.09米ドルの価格レンジでの推移が続いたことにより、このレンジ内で構築されたポジションが多い状態です。

 このため、価格がレンジを上下に抜け出すと苦しくなった売買のいずれかのポジションの損切り注文が増え、方向感が出てくる可能性を見出すことができます。

 また、売買のポジション比率は買いポジションが59.6%と買いポジションに傾いているところを見ると、ドル円同様に、下抜けた場合の方が、損切りが多くなり、大きな動きとなる可能性が考えられます。

 下落余地はあり

 先週のポンドドルは、直近の安値水準である1ポンド=1.225米ドル付近の水準を下抜ける動きとなり、下落基調が続きました。

 OANDAのオープンポジションを見ると、先週の下落により含み損を抱えた買いポジションが多く、安値を切り下げる動きとなると、これらのポジションの損切りの売りを絡め、下落が勢いづく可能性が考えられ、下値余地はまだ残っているように見えます。

 一方で含み益を抱えた売りポジションも多く、下がったところでは利益確定の買いも入りやすい状況と考えられ、下押し時はどの程度利益確定の買いが入ってくるかにも注目したいところです。

〈OANDAのオーダーブック〉

オープンポジションはここに注目

 相場を動かす要因の一つは損切り注文といっても過言ではありません。

 これ以上損失を増やしたくないトレーダーは保有しているポジションの反対売買を行い、損失を確定させ、市場から退出します。

 例えば、価格が下落する局面では、買いポジションの保有者が苦しくなり、損切り注文(決済の売り注文)が出やすくなり、下落圧力が強まる要因となります。

 損切り注文は価格の向かう方向と同じ方向へ力が加わる注文となるため、損切り注文が多くでる場面では、短期間に相場が大きく動きやすくなります。

 オープンポジションを見ると、どの水準に含み損を抱えたポジションが多いかを視覚的にチェックすることができ、次にどちらに動いた方が、価格の動きが大きくなりそうか(損切り注文が多く出そうか)を予想することができます。

オープンオーダーはここに注目

 前述の通り、損切り注文が増えると、一方向への力が強まるため、価格の動きが勢いづくことがあります。

 オープンオーダーを見ると、どの水準にどの程度の注文(オーダー)が入っているかを視覚的に素早くチェックすることができます。

 損切り注文が多く入っている水準に到達すると、価格が短期的にでも勢いづくことがあるため、注意が必要です。

世界中のトレーダーの相場分析のサマリー?

 トレーダーが損切り注文を入れる水準は、通常は、チャートで相場分析を行なった上で、「この水準を超えてしまったら、相場の流れが逆方向に向かう」と考えた水準に入れます。

 OANDAのオープンオーダーは、世界中のトレーダーが相場分析を行った結果のサマリーと言っても過言ではありません。

 これを見れば、世界中のトレーダーがどの水準に注目し、相場の転換点となると考えたかを簡単にチェックできます。

※逆指値注文:現在の水準よりも不利な水準を指定して行う注文。通常、損切り注文はこの逆指値注文を使います。

本記事に掲載されている事項は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資方針、投資タイミング等は、ご自身の責任において判断してください。本サービスの情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねますのでご了承ください。また、当社は、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてもその責を負いかねますのでご了承ください。

OANDA Japan株式会社

第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号

加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 証券業協会 日本投資者保護基金

OANDA FXラボ編集部
OANDA FXラボ編集部 OANDA Japan株式会社
世界各国に拠点を持つFXブローカー
1995年に世界で初めてインターネットを利用した無料の外国為替レート情報の提供を開始したOANDAの日本法人。創業当初から、正確で透明性の高い優れた為替レートを提供するため万全のインフラを整え、取引環境の改善を行ってきた。現在では世界8カ国にオフィスを構え、そのサービスは世界中のトレーダーに利用されている。

【オーダーブックで読み解く外為市場】はOANDA FXラボ編集部が投資判断の参考として外国為替市場の動向を読み解く連載コラムです。更新は原則毎週火曜日。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus