ヘルスケア

米で新型コロナ第2波の兆し 感染者200万人突破、局地的な急増警告

 米国の新型コロナウイルス感染者が10日、200万人を突破したことが米ジョンズ・ホプキンス大学の集計で分かった。米国の各州が経済活動を再開させる中、一部の州で感染の第2波が起きつつある。

 テキサス州が同日発表した新たな感染者数は2504人と、1日としては流行が始まって以来最多を更新した。活動を再開して1カ月が経過したフロリダ州では今週の新規感染者数が8553人と週間ベースで過去最多となった。カリフォルニア州の新型コロナによる入院者数は5月13日以来最多となり、過去10日中9日で増加した。

 全米の新型コロナ感染者数の増加率は今週に入って一時1%を割り込み、3月以来最も低い伸びとなった。こうした全国的な鈍化傾向の中でも、専門家は局地的な感染急増に警告を発している。

 ジョンズ・ホプキンス大学健康安全保障センターの上級研究員、エリック・トナー氏は「米国の一部の地域に新たな波が到来しつつある。現在は遠いところにある小さい波だが、近づいている」と説明した。

 ただ、感染増加と経済活動再開に関連性があるかどうかについてははっきりしていない。また、白人警察官による黒人暴行死事件に端を発した全米の大規模抗議デモが感染者数の増加につながったかどうか判断するには時期尚早だと医療専門家はコメント。ジョージア州ではジムやヘアサロンなどの営業再開から1カ月半になるが、感染者の増加は見られず、専門家は当惑している。(ブルームバーグ Emma Court、David R.Baker)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus