クルマ三昧

リモート観戦なら弊害は少ない? モータースポーツ界始動、待ち遠しい開幕戦 (1/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 新型ウイルスに世界中が翻弄されている。ご多分に漏れず、世界各地で開催されるスポーツも例外ではない。ことごとく延期や中止に追い込まれている、僕が生業とするモータースポーツも例外ではなく、本来ならば3月に開幕するシリーズ戦も始まっていない。

 だが、一部の国・地域での感染患者数の減少や治療方法の目処がつきはじめたことで、2020年のモータースポーツカレンダーが発表され始めている。アメリカの人気レースである「インディカー・シリーズ」はすでに開幕して話題を集めた。感染者最多であり、いまだに収束の気配のないアメリカが先陣を切ったことで侃々諤々議論されたが、動き出したことは明るいニュースとして報じられている。

 とはいえ、無観客レースが基本であり、関係者の体調管理にも神経をとがらせている。まだ本格稼働には時間が必要なのかもしれない。

モータースポーツにも数々の障害

 国内最大のメジャーレースであるスーパーGTは、6月27日、28日の両日、今年初めての公式テストが開催される。だが、無観客開催が前提であり、関係スタッフの数を絞っている。そればかりではなく、ネットを通じた日々の体調報告が義務付けられている。体温を測定し、報告の義務を怠れば、主要関係者ですら、テストの現場にすら足を踏み入れることが許されないという徹底ぶりである。

 モータースポーツも数々の障害がある。メジャーレースは国内にとどまらず「世界転戦型」が多い。日本最大のイベントであるF1日本グランプリは、開催サーキットである鈴鹿サーキット(株式会社モビリティランド)が2020年レースの中止を発表した。ドライバーやスタッフが海外移動するのも困難である上に、戦うマシンの運搬も簡単ではない。マシンは基本的に1台だから、代替えがきかない。ホスピタリティという貴重な機材を運ばなければならないという事情もあり、海を渡るのは容易ではないのだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus